オフィス環境無料診断受けてもらった結果について感じている事

企業と家庭のお片付けの仕組み作り
お片付けを通して、幸せな未来を掴む人を増やしたい

元製造業の整理収納アドバイザー・オフィス環境診断士・5Sアドバイザーの河崎亜紀です。
2020年の7月にオフィス環境診断士1級を取得して、
今、現在、14名の方にオフィス環境無料診断を受けて頂きました。

 

診断結果は8通りありますが

実は一番結果が良くない「生産性が上がらない業績低迷型オフィス」が一番多い結果でした。

オフィス環境は整えられると
従業員の働きやすさや満足度が上がり、
1人当たりの労働生産性も上がると感じています。

 

現在の診断結果(n=14)を表にまとめました。

オフィスタイプ モノの量
(○:合格、×:不合格)
環境整備 企業文化・風土 診断結果
生産性の高い業績アップ型オフィス 2名
知的生産性の育成が遅れているオフィス × 2名
環境整備がなおざりにされているオフィス × 2名
業務停滞・業績横ばい型オフィス × × 0名
業務多忙、コスト浪費型オフィス × 0名
成果を生まない仲良しクラブ型オフィス × × 2名
中身が伴わない見掛け倒し型オフィス × × 1名
生産性が上がらない業績低迷型オフィス × × × 5名

 

アンケートとしては30名以上の回答が得られると有効と判断されていますので
引き続き集めていきます。

 

モノの量、環境整備、企業文化・風土の3項目のうち、
極端に低い点数(20点以下)が出ていると
「すぐに解決した方がいい問題点がその職場にある」と感じています。

 

 

引用:オフィスの整理収納.com
リンク先:https://www.ssad.jp/officechecker/

 

上記の例ですが、モノの量、環境整備は合格点ですが、企業文化・風土だけ不合格な結果です。

整理整頓は出来ていて、職場の環境も整っていますが、
会社の理念・ビジョンが示されておらず、
社員同士が個々に仕事をがんばっているような環境と推測します。

 

また、20問の質問項目の中にある

・「休みの人がいるとモノが見つからず仕事が停滞する」という質問に「はい」

・「動線上に物が置かれていて邪魔になる事がある」という質問に「はい」

・「共有の書類は欲しい時にすぐ取り出せる」という質問に「いいえ」

と答えている方は、仕事をする上でストレスを感じる機会が多そうです。

 

 

 

 

オフィス環境を整える背景として挙げられるのは以下の通りです。

・コロナ禍によるテレワークの加速による業務のクラウド化

・将来の労働力人口の減少

・働き方改革の推進

・オフィスの縮小

 

今、現在はコロナによる業績不振が問題になっておりますが
現在または未来を見据え、職場環境を整える必要性があります。

 

◆オフィス環境無料診断を受けて頂くメリット◆

  1. オフィス環境について数値化できる。
  2. 従業員が、自分達の会社を評価するので従業員の声として参考になる。
  3. オフィスの改善ポイントを知り、順序立てて取り組むヒントになる。

 


Curat(キュラット)では、10/30に「5Sセミナー&オフィス環境診断体験会」を開催します。

その時に、オフィス環境診断を事前に受けて頂き、結果について解説致します。

会社経営者や整理整頓を進めるリーダーに向けて開催致しますので、
ご興味ございましたら、セミナーにご参加ください。

 

お申込み方法:上記のQRコードを読み取って頂くか、こちらの専用お申込みフォームよりお申込みいただけます。
お申込みフォーム

 

関連記事

  1. あなたの職場は働きやすい環境ですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。